フラフラフラッティと音楽のある生活

思うこと

最近、モモはドッグランに行くと、
途中で足がプルプル。しっぽがお尻に入ってしまって、
仁王立ちする私の足の間に隠れることが増えた。


以前はそんなことなかったのに。


怖がり始めたのは、確か 去年のオフ会。
mixiを通してお知り合いになった方の仲間と、
牧場内にあるドッグランで遊ばせ、
人間はそのすぐ隣でBBQをした。
ランのすぐ脇に車をとめることができ、
ずいぶんラクチンだった。

しばらくは、リクもモモもうひょうひょと遊んでいたけど、
途中から突然モモが何かに怯え始めた。
一生懸命、私に「ランの外に出たい」と訴える。

他の子とガウったわけでもないし、吠えられたわけでもないのに、
どうしたんだろう?
わけは分からないけど、
あまりに必死に外に出たがるので、
モモだけ外に連れ出し、
車に乗せた。
私やリクが見えるよう、リアハッチを開けると、
モモは「ここなら安心」と思ったかどうか、
荷台の上に座って、ランを眺めていた。



それ以来、モモはランに行くと時々怖がるようになった。


他の子に吠えられると、怖がり始めることが多いように見えるけど、
まだはっきりした原因はわからない。
吠えられてなくても、突然尻尾が下がり始めることがあるから。

どこかにきっと原因があるはずなのに、
それを見つけてあげられないのが悔しい・・・



こんなふうにランで怖がって、あまり他の子ともからまないモモを、
私はなんとか、他の子と遊べるようになってほしいと考えていた。
それに、「ほら、遊んでおいでよ!」とけしかけていた。

だけど、あるとき ふと思ったんです。

モモはどうしたいんだろう?
他の子と仲良くしたいのかな?
それとも、一人で(もしくはリクと)のんびり遊びたいのかな?




あれ?なんで私は他の子と遊ばせたいんだろう?
お友達ワンちゃんと仲良く遊んでる姿を見たいからかな?


もちろん、他の子と遊べたほうがランに行ってもストレスが少ないかもしれない。
楽しさが倍増するかもしれない。

だけど、理由も分からないまま突然怖がり始めるモモを、
私が無理にほかの子と遊ばせたいと思うのは、飼い主の勝手・・・ですよね。




少なくとも今の状況では、無理にけしかけることなく
あせらずゆっくり、ランで一緒に遊んだり、一人で走らせてあげたり、
楽しい時間を過ごさせてあげるのがいいのかも、と思い始めました。
それで、いつか「怖い」と思うようになったきっかけを払拭できるようになったら、
もっといいな。



いろんなことを考えてたら、文章のまとまりがなくなっちゃいました。
だけど、病気と向き合おうとしてるお友達ワンちゃんのブログを読んでたら、
思ったんです。

今、このときを大切にしてあげよう。


ワンちゃんには、「未来」という概念はありません。たぶん。
「今」がどうかということが大切。



今日のブログは自分への戒めですネ。



e0149733_0361477.jpg

by lovelyflat | 2009-03-03 00:39 | リクとモモ
<< 水戸偕楽園へGO コルテオで・・・ >>