フラフラフラッティと音楽のある生活

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12月 演奏会のおしらせ

ゆるゆる更新もここまでくると、
あきらめがつく・・・かな(笑)

言い訳がましく、演奏会のお知らせをしま~す♪



2009年12月16日(水) 開場18:00 開演18:30
東京・日暮里サニーホール (日暮里駅徒歩3分)


私の演奏曲目
ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調 

(オーケストラと一緒に弾きます)


学生時代に自分の弾くピアノに迷いが出てしまい、
いっそピアノをやめてしまいたいと泣いてばかりいた頃に出会ったのが、この曲。

恩師からビデオを借りたのが、
ピアノ界では知らない人のいないアルゲリッチと、
アルゲリッチの元夫デュトワが指揮という組み合わせのものでした。



キラキラ光るようなアルゲリッチのピアノの音色。

ときどき顔を見あわせながら、楽しそうに演奏する様子。
ちょっと失敗しちゃったときにニヤリとしたり(笑)

なによりもこの曲の魅力。(2楽章の美しさは絶品~~~~)




すべてがうらやましくて、悲しくて。
ボロボロに泣きながら、一人 学生寮のテレビを借りきって観ていました。

その時の悩みは今では、どこへやら。
ピアノを弾ける嬉しさでいっぱい(笑)


ようやく自分で演奏できる機会をいただけました


アルゲリッチのように・・・とまではいかなくても、
聴いてる人に、「楽しい」「キレイ」「面白い」と思わせるような演奏を目指して、
日々練習しております


ふだんはクラシックに縁のない方でも、


『ぜ~~~~ったいに』


楽しめる仕掛けのある曲なので
(↑これは、聴いてくれた人にだけわかるヨ)


ぜひ、聴きに来てくださいね!



ブログを通じてご連絡いただいた方は、
チケット前売り4000円のところ3000円でお譲りします 。

興味を持ってくれた方は、
非公開で、コメントくださいね~。
by lovelyflat | 2009-11-24 01:04 | 音楽

モモその後

いま病院から帰ってきました。

触診、レントゲンともに異常なし。
原因不明。(腰がぬけた、一時的な痛みが出た、などか?)





今朝もぐったりしていて、ダンナに抱き抱えられて病院に連れられていったモモ。
待合室では、まだ元気がなかったけど、
いざ診察となったら、自分で歩いて診察室へ。

へ?歩いてるじゃん。



先生に症状を伝え、触診の後レントゲンを撮ることに。
レントゲン室へ向かう時も、へっぴり腰ながらも自分で歩き…
そのまま玄関に向かおうとする。

「モモちゃん、そっちじゃないよ。レントゲン撮るよ」

先生に呼び止められ、しぶしぶレントゲン室へ歩いて行く。


??????


歩けないんじゃないの、キミ?


どうやら病院がイヤでショック療法的に歩けるようになったらしい。


先生の前では歩けてるから、
「この飼い主、騒ぎすぎなんじゃないの?」的な目で見られる。

実際、脚が踏ん張れなくて昨日の15時からトイレをできなくなってたモモ。
病院を出た瞬間に、ちっち。
そのあと駐車場で、大きいほうを排泄。(下痢P状態だったらしい)


お薬(ビタミン剤と念のための消炎剤など)をもらって家に帰ったら、自分で階段を上っていった。


おかしいやら、腹立つやら。

まだギクシャクした歩き方をしてるし、これから痛みが出てくるかもしれないので、
しばらく要安静ではあるけど、ひとまず一安心。

コメントをくださった方。メールを送ってくれた方。
ありがとうございました。

モモの不調

久しぶりの更新ですが…



昨夜21時頃からモモの後ろ脚に力が入らなくなりました。
直前までは寝ていただけだったので、
最初は脚がしびれたんじゃないかと笑ってましたが、
その後も治らず、「これはおかしい」と。

脚に力が入らないためトイレもできていません。

明日朝一番で病院に連れて行きます。